島根ブロックアカデミー事業に参加しました

9月20日に島根ブロックアカデミー事業として、JCI discoverセミナーが開催されました。島根県内の各青年会議所がzoomを通しての参加するという形式になりました。この事業を担当している委員会へは松江青年会議所から持田直前理事長と宮澤副委員長が出向しております。
今回の事業では、ゴールデンサークル理論、アクティブシチズンフレームワークといったものを使い、青年会議所運動の目的を理解し、行動していくことを学ぶ機会となりました。
また、zoomのブレイクアウトルームという機能を使い、少人数での話し合いの時間も随所設けてあり、各々の考えを発表する場や各青年会議所のメンバーとの交流をとる場にもなりました。
毎年、この9月になると次年度に向けて本格的に年間の事業計画や新たな役職を受けて動き出す時期となります。
このタイミングで、改めて青年会議所運動の目的を理解し、どう動くべきか考える機会があったことで次年度に向けての良い学びの場となりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です